債務整理をしたいという人の相談内容で、よくあるものとして次のような内容が挙げられます。まず、債務整理をすると、その後ずっとお金が借りられず、また、クレジットカードも作れなくなるのではないかということです。そして、自分の家族にまで迷惑がかかるのではないかといったものも、よくある相談内容の一つです。
まずその後お金が借りられない、あるいはクレジットカードも作れないのではないかという件ですが、これは一定期間を過ぎれば大丈夫です。任意整理だと5年間、自己破産だと7年間が経過して、定収入があれば申し込めます。ただしこの場合気を付けたいのは、債務整理の対象になった金融機関に申し込んだ場合は、審査はかなり厳しくなると考えてください。むしろ、今まで申し込んだことがない会社から借りる、あるいはカードを申し込むようにした方が、審査に通る率が高くなります。それから、金融機関によっても多少の違いがあります。たとえば銀行などは審査基準が厳しいので、自己破産の場合などは、10年ほど経過しないと借りられない、あるいはカードを作れないこともあります。
それから、家族に迷惑がかかるのではないかという相談内容ですが、これは、借りた名義人の保証人になっていない限り、まずありません。そして個人の借り入れというのは、基本的に無担保無保証となっています。担保物件も保証人もありませんので、債務整理によるデメリットは、あくまでも名義人本人のみのものです。ですから他の家族がお金を借りたり、クレジットカードを申し込んだりする分には全く問題はありません。ただし、たとえば専業主婦が配偶者の名義でキャッシングをしたような場合は、名義人である配偶者の信用情報にブラックが登録されますので、その点には気を付けておきましょう。
また、中には督促が来ても払えないから、転居をしたいとか、いわゆる夜逃げのようなことをするべきかといった相談内容もあります。このようなことは避けてください。転居をしても、債権者の方では住民票を取り、転出先を調べることが出来るからです。そのため、今度は転居先に督促が来ることになります。また夜逃げのようなことをしても、返済額がたまる一方で、絶えず借金から逃げ回る生活というのは、精神面でも経済面でもいいことはありません。返済できなくなった時は、まず債権者に相談をして返済方法を見直してもらい、もしそれでも返済できない場合は、弁護士なり司法書士なりに頼んで、債務整理を行うようにしましょう。